saya160104374783_TP_V
【前編へ】
697: 相談スレ706~711 2012/03/29(木) 17:33:42.50 O
相談スレに誤爆、気付かなかったごめん…orz
とりあえず投下

旦那はそれからも変わらなかった。ウトメ、特にウトの言いなり、父親の自覚1㍉もなし
次男妊娠するもウトに産婦人科に連れて行かれ、おろすよう強要
医師に旦那さんの同意なしにできるかボケ!される。帰宅した旦那に訴えるも旦那空気となり逃亡。
別居生活になるも生活費一円も入れず、それを何も言えず受け入れるエネmeな私。
沢山ありすぎてしつこくなるからエネ話はこれくらいにして、
エネme脱却旦那犬になったあたりを書く。

私のエネmeデモデモダッテは、結局27歳になるまで続いた。10年近くww
27歳の時、旦那がまた県外へ期間社員しに飛んだ。私は三男妊娠中だった。
言い訳は生活の基盤を作る為、ちなみに次男妊娠以来別居生活継続中、もちろん生活費なし
生活費は私が働いた、旦那は自分の給料・ボーナス全部小遣い
妊娠中で働けなかった分は私実家の母(父は亡くなっていた)に頼っていた。余裕なんか少しもなかった。三男出産後、働き始めて給料日まで本当に金がなく、泣きながらミルクを盗み謝りながら飲ませた事も

そんな時、あの地域振興券があった。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1331192178/



トメ「嫁子は常識無いからコトメちゃんの結婚式には呼べない!」コトメ「お兄ちゃんもちゃんとした人と結婚してくれればなあ」…一生の思い出をプレゼントしてやんよ

ウトメ「嫁子は女の子を産んだくらいで態度が大きくなり私たちに反抗的な態度をとった。長男の嫁だからと我慢してやったのにこの不始末は何のつもりだ!」

トメ「嫁子ぉおおおぉおおお!!」夫「同居すればきっとパパママのこと好きになるよ」突然引っ越し屋のトラックが目の前に止まった。

義実家「家族水入らずでご飯食べたいから嫁子は部屋でパンでも食ってろ」旦那「たまたま姑や舅がイライラしてたんだろw嫌味言われても流せばいいよ」もう疲れました...

夫「ママンが大変だから義実家に通って家事をしろ」私「自分でやれば?」夫「お袋があんな嫁捨ててこいって!やばいんじゃないの(笑)」

トメ「親戚として恥ずかしい事しないでいただきたい!」とトメが両親に電凸。夫「悪気はないし、母さんが言う事も一理あるよ」昨日から家庭内別居に突入です

里帰り出産中に家がウトメ同居仕様に改装されてた。トメ「嫁子ちゃんダメだった?」 ダメに決まってんだろうが!

トメ「嫁としての立場を弁えてお腹の子には家風に沿った名前をつけなさい。」夫「そういう名前もありだよな!」トメ「お腹の子を人質に取るなんて卑怯者!」

虐待されて育った私にウトメ「子供を産んだらご両親への感謝の気持ちも湧いてきたでしょ。いい加減に意地貼るの止めて仲直りしなさい 」

エネ夫「君は我慢と忍耐を覚えなければいけない。この偉いオレさまが許してやる。誠心誠意謝るように。」私は3年間がまんした。もう限界。

盗まれたはずの通帳をトメが持っていた!トメ「危機管理能力を調べてやった。息子君に慰謝料渡して出て行きなさい!」エネ夫「ニヤニヤ」

夫「義姉の子供預かる約束したから」私「臨月でしんどい…」夫「ねーちゃん、超よろこんでたぞー。断るならお前が言えよ。俺には言えない」

旦那「里帰り出産なんかやめてコトメ子の面倒見てよ」トメ「コトメ子ちゃんが可哀想で、嫁子さんもそう思うでしょ?」

俺「食べたらシぬんですけお…」嫁「アレルギーなんて食べれば治るよ!子供ができたら好き嫌いなんて言ってらんないんだからw」

旦那「母さんか寂しいって泣いてるのほっとけないよ!」 海外出張から帰ってきたら私の部屋が勝手にトメの部屋になっていた。

旦那に罵声と共に殴られた。夫「母さんの言う事は正しいんだよ。これは僕たちが成長していくための勉強なんだ!」


698: 名無しさん@HOME 2012/03/29(木) 17:34:22.55 0
4円



699: 相談スレ706~711 2012/03/29(木) 17:37:09.65 O
正確な支給額は忘れたが、実母と私親子合わせて5人結構な額
要は金券と同じで現金ではないが、加盟してる店(ほとんどそうだった)なら
どこでも何でも使えるというもの
楽になると思い本当に嬉しかった。
ふと思い立ち、調べてみると飛行機のチケットもそれで購入できる事が分かった。
三男は赤ん坊、私一人くらいなら往復のチケットを買っても…
と、半ば衝動的にチケットを買い、旦那に会いに行った。するとまあ、お約束っちゃあお約束。
旦那は女と住んでたよ。私とはとっくに離婚したと嘘をついてw
本っ気で死のうと思って、三男連れてマンション(八階)手すりに立った。
ちょっとバランス崩したら落ちるし落ちたら下は線路、もう死ねる事間違いなし。

三男は眠ってた。色々考えたよ、結婚してから今までの事。
ずっと別居生活だったし、貧しかったし淋しかったし辛かった。もう楽になりたいってね。
ちなみに旦那は夜勤だったから女と私たちしかいなかったんだが、
その時女は死にたければ赤ちゃんと死ねば?と言って出て行ってた。


700: 相談スレ706 2012/03/29(木) 17:39:09.26 O
手すりに立ったまま色々考えてたら、急に心の底から怒りって言うか、何とも形容し難い感情が湧いた。
一年生になったばかりの長男と、おしゃべりな次男の顔も浮かんだ。
この次男、私が余裕なくて怒ってばかりだったから、たまに笑うと
「お母さん笑ってるね、可愛いね!」
と言ってくれたんだ。長男はセコい…が、私にだけは菓子を分けてくれる。
そして三男。まだ産まれたばかりで何も経験してない、楽しい事も苦しい事も
それを言うなら三人ともそうだ。
息子達が何をした?
私が一体何をした?
何だって私たちが、こんなエネ夫の為に苦しんで、おまけに死ななきゃならないんだ!

手すりから降りて、一晩中怒りを持続させたまま、ていうか怒り狂った状態で旦那の帰りを待った。
ドアを開けた瞬間そこで待ち構えてた私に部屋の中央まで引き摺られた旦那。
あまりに頭に血が上がりすぎてて詳しく覚えてないが、一番最初のセリフははっきり覚えてるよ。

「離婚するか死ぬか真面目になって尽くすか、どっちか選べ」

口答えなんかした事なかった。旦那が全てでデモデモダッテで、子供達を苦しめて来た自分も憎かった。
それ以上に目の前のこいつが憎くて、心の底からもういらん!と思った。
慰謝料養育費なんか、条件出したって払わないのは分かってたから、
グダグダされたくないと思って
「離婚なら養育費もなんもいらん!ただ一生おまえなんかに子供は会わせん!」もちろん旦那は離婚を選ぶだろう…と思ったよ。
もう10年近く一円の生活費も出さなかったし。気まぐれに顔見に来ては避妊なしに抱くだけ
あの頃の私の頭、本当にぶん殴ってやりたい。


701: 名無しさん@HOME 2012/03/29(木) 17:39:58.29 0
本当だね



702: 名無しさん@HOME 2012/03/29(木) 17:41:53.20 0
旦那ボコボコにしたの?



703: 相談スレ706 2012/03/29(木) 17:43:11.82 O
所が、
「離婚したくない、別れたくない」
旦那はそっちを選んだ。一瞬、じゃあ死ぬって事か、自殺なんてできんのかね?と思ったが、
「ごめんなさい、別れたくない!」
と土下座する旦那を見て、復縁希望だと気付き驚いた。

おまえが何も言わないから、不満を感じてないと思ってた
何しても許してくれると思って甘えてた
要約するとこんな感じ。
当然私はやり直す気なんかさらさらなかったから、ていうか今さら信用できるか。
とりあえず
「はあ?!別れたくない?私はおまえと別れたいんだよ。
おまえが今目の前で死んでも泣かないし胸も痛まないどうでもいい、死ね」
反抗した事なかった。旦那一筋で嫌われたくなかったし。
初めての反抗が死ねwww殴られるかな?と思ったけど、旦那土下座続行。
見たら泣いてる。ケッ、都合悪くなったら泣き落としかよ、女々しい。
「やり直すならかなり条件出すよ、全部飲めるならやり直してやってもいい」
と、出した条件
・このまま地元に帰らずこっちで就職する事
・さんざん虐めてバカにしてくれた義実家とは、完  全 に絶縁する事
・給料は全額渡す
・家族で遊ぶ以外のレジャーおまえにはないと思え

あとこまごま条件を出したが、どれも今までの旦那には出来ない&苦痛を感じるもの
しかし旦那は私の出した条件を飲んだ。
警備や遊技場でバイトさせながら、なんとかまあまあの会社に就職でき、
長男次男ともども、二年後には家族全員で暮らせるようになった。
やり直してやるとは言ったが、全く信用してなかったので
就職でき全員一緒に住めるようになるまで、離婚し他人になり旦那の様子を見させてもらった。
離婚届けを出すのも再構築の条件
すでに離婚していれば旦那が途中で投げ出そうが、私に失うものはなかった。

704: 名無しさん@HOME 2012/03/29(木) 17:44:09.35 0
どっちかといいつつ3択だな支援



705: 相談スレ706 2012/03/29(木) 17:46:43.25 O
旦那は煙草も止め、給料引きの寮費と食費の分の僅かな金額を除いて全て送金してきた。
就職した会社に社宅があった為私たちを呼び寄せた時、テレビと洗濯機と冷蔵庫に人数分の寝具
日用品を揃える為土日も休まず働いたと自慢げに言い、私に睨まれ黙ったが。
勉強机は、引っ越す人に頼んでもらったそうだ。ちなみにその時の机は今も三男が使っている。
再構築を選択してから14~5年、いつエネが発動するか
いつウトメと連絡を取ってこっちに現れるか、最初の五年くらいはいつも思っていた
緑の神は常備していた。
旦那を許してやろうなど思わなかったし、
送り迎え当たり前小遣い年間一万円家事子育て手伝わないなら捨てる、手を抜いても捨てる
さんざんな扱いをしてきた。
今も許してない。が、時間の経過とともに優しくしてやれるようになり、
頼るようになった。私が病気した時は本当に頑張ってくれたしね


706: 相談スレ706 2012/03/29(木) 17:49:11.04 O
今年セコかった長男が成人式を迎え、次男は高卒で警察官に合格、来月から警察学校に入る
三男はチャラ男www
三人とも遊びもせず少ない小遣いを貰っても家族のものしか買わずひたすら働く旦那を尊敬し、
「お父さんはお母さんに甘過ぎる!」
と言って笑う。
幸せなんだかまだ分からんが、多分幸せなんだろうと思う

カッコいい下剋上なんて何もなかった。
何もかもが嫌になってキレただけ、キレたら旦那が犬になっただけなんだw
ただ、旦那が元に戻る事があればいつ離婚してもいいと常に思うようにしてたよ
完全に信用するんじゃないって

今でもまだ百パー気を許してないし、多分これから先もないと思うと、複雑な気はするけど

とんでもなく長文になった。目が滑った人、ごめんなさい

フェイク入れるの初めてなんで年齢とか年数合わない所あるかも。

最後に、緑の神は今でも持ってるよ。かなりクチャクチャにくたびれたけどw
下着は白グンゼブリーフからボクサーパンツになりましたww

707: 名無しさん@HOME 2012/03/29(木) 17:51:01.12 0
>>706

読みやすかった!



708: 相談スレ706 2012/03/29(木) 17:53:35.19 O
しえんありがとうw
>>702旦那ボコッた自覚はなかったけど、足で頭踏んだり
蹴ったりはしてたみたい。後から見たら旦那の服破れてたし

とにかく期待してくれたみたいな、スカっとした下剋上なくて申し訳ない

709: 名無しさん@HOME 2012/03/29(木) 17:54:45.63 0

すごいなあ

トメ「嫁子は常識無いからコトメちゃんの結婚式には呼べない!」コトメ「お兄ちゃんもちゃんとした人と結婚してくれればなあ」…一生の思い出をプレゼントしてやんよ

ウトメ「嫁子は女の子を産んだくらいで態度が大きくなり私たちに反抗的な態度をとった。長男の嫁だからと我慢してやったのにこの不始末は何のつもりだ!」

トメ「嫁子ぉおおおぉおおお!!」夫「同居すればきっとパパママのこと好きになるよ」突然引っ越し屋のトラックが目の前に止まった。

義実家「家族水入らずでご飯食べたいから嫁子は部屋でパンでも食ってろ」旦那「たまたま姑や舅がイライラしてたんだろw嫌味言われても流せばいいよ」もう疲れました...

夫「ママンが大変だから義実家に通って家事をしろ」私「自分でやれば?」夫「お袋があんな嫁捨ててこいって!やばいんじゃないの(笑)」

トメ「親戚として恥ずかしい事しないでいただきたい!」とトメが両親に電凸。夫「悪気はないし、母さんが言う事も一理あるよ」昨日から家庭内別居に突入です

里帰り出産中に家がウトメ同居仕様に改装されてた。トメ「嫁子ちゃんダメだった?」 ダメに決まってんだろうが!

トメ「嫁としての立場を弁えてお腹の子には家風に沿った名前をつけなさい。」夫「そういう名前もありだよな!」トメ「お腹の子を人質に取るなんて卑怯者!」

虐待されて育った私にウトメ「子供を産んだらご両親への感謝の気持ちも湧いてきたでしょ。いい加減に意地貼るの止めて仲直りしなさい 」

エネ夫「君は我慢と忍耐を覚えなければいけない。この偉いオレさまが許してやる。誠心誠意謝るように。」私は3年間がまんした。もう限界。

盗まれたはずの通帳をトメが持っていた!トメ「危機管理能力を調べてやった。息子君に慰謝料渡して出て行きなさい!」エネ夫「ニヤニヤ」

夫「義姉の子供預かる約束したから」私「臨月でしんどい…」夫「ねーちゃん、超よろこんでたぞー。断るならお前が言えよ。俺には言えない」

旦那「里帰り出産なんかやめてコトメ子の面倒見てよ」トメ「コトメ子ちゃんが可哀想で、嫁子さんもそう思うでしょ?」

俺「食べたらシぬんですけお…」嫁「アレルギーなんて食べれば治るよ!子供ができたら好き嫌いなんて言ってらんないんだからw」

旦那「母さんか寂しいって泣いてるのほっとけないよ!」 海外出張から帰ってきたら私の部屋が勝手にトメの部屋になっていた。

旦那に罵声と共に殴られた。夫「母さんの言う事は正しいんだよ。これは僕たちが成長していくための勉強なんだ!」
【後編へ】