嵐 ARASHI Anniversary Tour 5×20 グッズ クリアファイル第二弾 集合B
嵐 ARASHI Anniversary Tour 5×20 グッズ クリアファイル第二弾 集合B
【中編へ】
119: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/06(木) 23:54:59.65 ID:mLbuWsMi0
オレは彼女の焦点が、オレには合っていないことに気づいた。
涙に濡れた瞳は確かにオレを見つめているのだが、オレを見ているわけではない。

オレは、戸惑った。
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1346859682/


774: 記事の途中ですが名無しです
叔母「果物アレルギーなんて甘えよ!ほら、食べなさい!」俺「ダメなんです...」→ 髪を掴まれ、叩かれた → 俺(もう、食べてしまおうか...)→ 次の瞬間・・・

姑「お茶が入りましたよ〜」私「アウアウアー」姑「よ、嫁子さん?どうしry」私「ぅあ゛あ゛ー!!」夫「母さんのせいだろ!(怒」姑「えっ...」

私「姑さんの形見の指輪は?」義兄嫁「売ったよwあんなのいらないしww旦那には黙っててよね^^」私「えっ」→ 驚愕の展開に・・・

【( ゜д゜)】兄嫁「夫婦2人だと広すぎですよ。引っ越したらどうですか?」→ 実家マンションを狙っている兄嫁に『嫁名義』だと伝えると・・・

ピンポン連打され、玄関を開けると見知らぬ子供。俺(誰だコイツ…家に入り込もうとしやがる)→ 速やかに110番通報

副店長「韓国人のバイトを雇うぞ」私「やめたほうがいいですよ」副店長「おいおい、差別か?www」私「・・・」→やっぱりな結果にwww

【ムカムカ】4月から保育園に通う姪のためにお弁当を作って毎朝7時30分までに義妹の家に届けてくれと旦那に頼まれた

夫「好きな人できたから離婚、俺がこの家を出ていく」 私「義両親と同居なのに残るわけない」 夫「じゃあ誰が面倒みるんだ!」

【因果応報】兄嫁が運転する車にひかれて障害が残った。兄嫁「アンタがそんなところにいたせい(ゲシゲシ」→ その後、衝撃なことが起こった

夫「好きな人できたから離婚、俺がこの家を出ていく」 私「義両親と同居なのに残るわけない」 夫「じゃあ誰が面倒みるんだ!」

夫「離婚後の生活費はどうする」 私「え?別にいらないよ」 夫「いや俺の分!」 私「は?」

新幹線の指定席を所用で離席して戻ると見知らぬおじさんがいて、声を掛けると「はあ!?ふざけるな!!」と怒鳴られた。そしたら、車掌さんが来て…

姑「お吸い物を召し上がれ^^鰹節と昆布でだしを取ったのよ~w」私「いただきます」→ 喉がふさがれるような痒みに襲われ、呼吸がヒューヒュー、さらには発疹が出てきて・・・

義母「もう援助はできない」 自分「なんのことですか?」 義母「えっ?」


120: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/06(木) 23:58:54.60 ID:mLbuWsMi0
彼女が急に遠ざかる気がした。
確かに彼女はオレの腕の中にいる。

いや逆だ、彼女がオレに抱きついているのだが
心はどこか違うところにあったのだ。

123: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:00:36.56 ID:eUhtegpu0
そして、次の瞬間・・・

彼女は号泣し始めた。
激しい嗚咽を漏らしながらオレに激しくしがみついたまま
オレの知らない男性の名を何度も何度も叫んだのだ。

それが、この寝室の主であろうことは想像に難くない・・・

124: 名も無き被検体774号+ 2012/09/07(金) 00:01:55.05 ID:CpdcyRwE0
うわー•••
なんか胸が痛い

127: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:05:55.58 ID:eUhtegpu0




オレは、ただ呆然と彼女を見つめていた。
別に腹が立ったわけではない。悲しかったわけでもない。
惜しかったなんて、とんでもない。

うまく言葉にできないが、愛する人を失った女性の辛い心の中を
素手で触ってしまったような切ない、やるせない気分だったのだ。

やがて彼女の腕から力が抜けてオレからするするっと外れた。

128: 名も無き被検体774号+ 2012/09/07(金) 00:06:57.95 ID:AxN5umYX0
せつないなぁ、、、

130: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:11:42.36 ID:eUhtegpu0
残念ながら、この状態から一仕事できるほど、オレは太い神経の持ち主じゃない。
いや、10代の頃ならこんな状況でもマグロ状態の女を抱けたかもしれない。
でも、もうすぐ40だもんな。
亡くなった人の名を叫んで号泣する女性を、どうにかするなんて悪趣味なことはできんわな。

オレは、ただ彼女に寄り添い、ずっとその髪を撫でるしかなかったのだ。

133: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:19:08.12 ID:eUhtegpu0
そして、朝が来た。


引越しのトラックがやって来て、オレは普通にそれを手伝ったわけだが
作業員に『ご主人』と呼ばれた時には、かなり慌てた。
なぜなら、傍にいたミソノがピクッと反応したような気がしたからだ。

ミソノはエプロン姿で忙しそうにしていた。昨夜のことは何も言わない。
小ミソノは、相変わらずオレに纏わりついていたが、それは無邪気な仔犬のようであり
以前の小悪魔的な雰囲気を感じることはなかった。
おそらく、母ミソノが亡き父を呼ぶ悲しい叫び声は彼女にも聞こえていただろうから。

134: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:23:56.61 ID:eUhtegpu0
大きな家にもかかわらず荷物は少なく、作業は午前中で終わった。


ミソノ「オレくん、色々とありがとうね。ふふっ」
小ミソノ「オレさん、落ち着いたらまた連絡するねっ!」
オレ「おおぅ! じゃまた」
ミソノ、小ミソノ「じゃね~!!」

何事もなかったかのような明るい笑顔を残してミソノと小ミソノは
引越しのトラックに同乗していった。どうやら、最寄駅までは乗せてもらえるらしい。
オレは、それに乗ることはなく二人とトラックを見送りながら

そういえば、引越し先って聞いてないのな・・・と考えていた。

135: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:27:42.07 ID:eUhtegpu0
・・・


そして土曜日・・・ミソノは受付に居なかった。
なんとなく覚悟はしていたが、きちんと別れを告げたかった。

正直に言うと未練がなかったわけではない。
でも、それは是が非でも食ってやろうとか、そういう感じではなく
なんだか母子が心配だったような、本当に何かできることはないのだろうかとか・・・

いや、理屈では分かってるんだ。オレには何もできないことくらい・・・
でも、ホントに何もできなかったんだよねぇ・・・
結局、最後の夜も悲しい思い出をつくっちまっただけだし。

136: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:29:28.17 ID:eUhtegpu0
オレは、携帯を取り出してみた・・・ミソノに掛けてみる
・・・『お掛けになった電話番号は現在使われておりません』
小ミソノの番号も、同じであった。

受付の女性に「ミソノさんは、どうされたんですか?」と聞いてみた。
女性「ミソノさん? 私、今週入ったばかりなので古い人のことは分からないんです」
オレ「そうですか・・・」

138: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:32:05.35 ID:eUhtegpu0
オレは、いつもの喫茶店で独り放心状態だった。
20年前の半年間と、ついさっきまでの半年間が頭の中で絡み合っている・・・
高二のミソノと現在の小ミソノの姿が被ってしまい、現在と過去、夢と現実が混乱している。
つい先日まで、向かいの席に美しい母子が微笑みながら座っていたのが現実のことだったのか
どうかすら定かでなくなってきた。

ひょっとしたら、オレは毎週この時間にココで、うたた寝をして夢を見ていただけなのかもしれない
そんなことを考えていると・・・

139: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:33:23.31 ID:eUhtegpu0
そこへ、教室のマネージャーらしき男性が走ってきた。
男性「オレさんですよね? これミソノさんから預かってます。彼女は昨日辞めたんですよ」
男性「彼女、急に転居が決まったようで、オレさんによろしくお伝え下さいとのことでした」
と言うと1枚のCDを差し出した。

男性「ちゃんとお渡しできてよかったです。末っ子ちゃんは来週で終わりでしたよね?」
オレ「そうでしたね。来週で卒業でしたね。ありがとうございました」
その言葉を聞くと、男性は教室に戻っていった。

オレの手にあるのは、何の変哲もない普通の音楽CDであったが・・・
オレは「ハッ」とした。

140: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:36:48.02 ID:eUhtegpu0
まさかと思って中を開けると、小さく折られた手紙が入っていた。

急いで開けると・・・そこには、見覚えのある文字・・・

「あなたとの関係は、友達以上だけど恋人ではない」
「例えると家族みたい」
「なくてはならないけど、特別な存在ではない」
「例えると空気みたい」

という内容が書かれてあり、最後に

「ありがとう」

で締めくくられていた。


-------完--------

141: 名も無き被検体774号+ 2012/09/07(金) 00:37:47.14 ID:MjJqAjTn0
なかなかいい話だった!
だが切ないな…

142: 名も無き被検体774号+ 2012/09/07(金) 00:39:51.91 ID:pXkQ7oIJ0
せつないな。

ひとつ質問。
引越し前夜のは外泊だよね?
嫁さんにはなんてったの?

143: 名も無き被検体774号+ 2012/09/07(金) 00:40:47.48 ID:o5aBN5Vk0
休館3階に行ってこい!ミソノは待ってるぞ

144: 名も無き被検体774号+ 2012/09/07(金) 00:42:08.13 ID:QHhDa27D0
台風29号とは?

145: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:44:06.74 ID:eUhtegpu0
ご清聴ありがとうございました。

>>142
それは、シンプルに「出張」ですw

>>143
そうですね。“あの時”旧館3階に行ってたら彼女の人生変わってましたかね?
そう思うと、ちょっと辛いかもです。

>>144
なんでも、めったにない号数らしいですw
最近はそうでもないみたいですけど。

あと、ヨメとのエピローグありますけど、入り用ですか?

146: 名も無き被検体774号+ 2012/09/07(金) 00:44:52.12 ID:u5aQXNde0
>>145
続けたまえ

148: 台風29号 ◆Tp9piHFiRU 2012/09/07(金) 00:48:30.32 ID:eUhtegpu0
では、ちょっとバカップル気味ですけど、明るく終われると思いますのでw


エピローグ


予定のない休日の午後、俺は嫁と二人でボーっとテレビを観ていた・・・

嫁「・・・アンタ、最近変じゃない?」
俺「なにが?」(動揺を悟られないように、あくまでも自然体を装う)
嫁「こないだまで妙にイキイキしてたかと思えば、最近は溜め息ばかり吐いてるし」
嫁「それに・・・なんか・・・激しいし///・・・」モジモジ
俺「おまっ、ひっ、昼間っから何を言・・・」

言いかけた言葉を待たずに嫁が俺の胸に飛び込んできた。

嫁「何があったか知らないけど、誰にも渡さないんだからっ!」
俺の胸に顔を埋めた嫁が言う。もしかして泣いているのか??

俺「・・・うん」急に嫁が愛おしく感じて、ぎゅっーと抱きしめる
嫁「もふっ・・ぅん・・・」
艶っぽい声を出したかと思うと、頭を俺の胸にグリグリしながら
俺の顔の辺りまでズリ上がってくると

嫁「ねぇ! 今度、家族でテーマパークに行かない?」 満面の笑みであったw


どうやら、何もかもお見通しのようであるw

ちなみに、その夜のメニューはカニすきであった。
女の勘は恐ろしいw

以上です。

149: 名も無き被検体774号+ 2012/09/07(金) 00:50:19.73 ID:u5aQXNde0
嫁すげーなwwwwwww

151: 名も無き被検体774号+ 2012/09/07(金) 00:55:33.27 ID:MjJqAjTn0
女って怖いw

152: 名も無き被検体774号+ 2012/09/07(金) 00:55:54.26 ID:FfoUy4KT0
綺麗にまとまったな
良作認定ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


【中編へ】
774: 記事の途中ですが名無しです
叔母「果物アレルギーなんて甘えよ!ほら、食べなさい!」俺「ダメなんです...」→ 髪を掴まれ、叩かれた → 俺(もう、食べてしまおうか...)→ 次の瞬間・・・

姑「お茶が入りましたよ〜」私「アウアウアー」姑「よ、嫁子さん?どうしry」私「ぅあ゛あ゛ー!!」夫「母さんのせいだろ!(怒」姑「えっ...」

私「姑さんの形見の指輪は?」義兄嫁「売ったよwあんなのいらないしww旦那には黙っててよね^^」私「えっ」→ 驚愕の展開に・・・

【( ゜д゜)】兄嫁「夫婦2人だと広すぎですよ。引っ越したらどうですか?」→ 実家マンションを狙っている兄嫁に『嫁名義』だと伝えると・・・

ピンポン連打され、玄関を開けると見知らぬ子供。俺(誰だコイツ…家に入り込もうとしやがる)→ 速やかに110番通報

副店長「韓国人のバイトを雇うぞ」私「やめたほうがいいですよ」副店長「おいおい、差別か?www」私「・・・」→やっぱりな結果にwww

【ムカムカ】4月から保育園に通う姪のためにお弁当を作って毎朝7時30分までに義妹の家に届けてくれと旦那に頼まれた

夫「好きな人できたから離婚、俺がこの家を出ていく」 私「義両親と同居なのに残るわけない」 夫「じゃあ誰が面倒みるんだ!」

【因果応報】兄嫁が運転する車にひかれて障害が残った。兄嫁「アンタがそんなところにいたせい(ゲシゲシ」→ その後、衝撃なことが起こった

夫「好きな人できたから離婚、俺がこの家を出ていく」 私「義両親と同居なのに残るわけない」 夫「じゃあ誰が面倒みるんだ!」

夫「離婚後の生活費はどうする」 私「え?別にいらないよ」 夫「いや俺の分!」 私「は?」

新幹線の指定席を所用で離席して戻ると見知らぬおじさんがいて、声を掛けると「はあ!?ふざけるな!!」と怒鳴られた。そしたら、車掌さんが来て…

姑「お吸い物を召し上がれ^^鰹節と昆布でだしを取ったのよ~w」私「いただきます」→ 喉がふさがれるような痒みに襲われ、呼吸がヒューヒュー、さらには発疹が出てきて・・・

義母「もう援助はできない」 自分「なんのことですか?」 義母「えっ?」


1000: 記事の途中ですが名無しです
結婚した途端、トメの態度が変わってびっくりした。旦那・ウト・コトメに〆られても悪いのは嫁子!と怒鳴り散らすトメ。

月曜に来るのはお前さんと新人3人だけだ。とりあえず俺ら13人は本日付で辞めました。納期は2週間後だからしっかり頑張ってくれよ。

結婚式の時作ってもらったアルバムをみたら私の顔が塗りつぶされたり、切り取られてたりした。

上司「この職場で残業代くれなんて言っている金の亡者はお前だけだ!そんなに 残業代欲しいならさっさと辞表出せ!最期の給料と一緒に払ってやる!」

DV元旦那「今、入院してるんだ。医者ははっきり言わないけど、治らないらしい。 」なんと元旦那が不痔の病だった!