占いが当たっていたこと。

20代前半の頃、占いにどハマりしていて色んなところへ足を運んでは運命の人探し()に興じていた。
性格は統計学に基づいてるから大体当たるんだとしても、どの占いに行ってもあなたの最初の結婚のチャンスは30歳、と言われた。

当時はまだ大学卒業したてのOLで、結婚は25歳くらいでー子どもは27歳くらいでー30歳までに2人産みたいよねーという無謀な夢物語があった。
占い師の話を聞いては運命を変えてやる!と意気込んで合コンや紹介、婚活パーティーなど時々精を出しては不発や失敗に終わり、また占いに行き同じことを言われ(ry を繰り返してきた。
しかし占いには何度行っても「結婚は30歳が最初のチャンス」しか言われない。

そんなことを繰り返している間に私は29歳になり、もうこのチャンスが最後かな~って思っていた人と最悪のタイミングで最悪の別れ方をした。
もう自分は結婚なんて無理、占いは結局当たらない。こうなったらもうどうでもいいやと思って適当に生きていたら、ひょんなところで気の合う男性に出会い、トントン拍子に彼氏は夫となった。

驚くことに、入籍したのは30歳だった。
占いは毎回違うところに行っていたのにそれでも答えは変わらなかった。
自分の中では諦めていたのに突然結婚出来たこと、どの占い師も似たようなことを言っていたことが衝撃だった。

今となっては結果が一緒なら途中で気付いて占いに行くのをやめていたら、近場の海外旅行くらいは行けてたな…という事実から目を背けつつふたりの子育て中。
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1545877507/



819: 名無しさん@おーぷん 19/04/19(金)04:18:47 ID:qCP
>>818
ずっとご家族皆でどうか幸福に過ごされますように。

774: 記事の最後ですが名無しです
韓国に留学経験ある女子だけど、日本がなんで嫌われてるか分かった

オワコン国日本を捨てて韓国移住したい

夫「ママンが大変だから義実家に通って家事をしろ」私「自分でやれば?」夫「お袋があんな嫁捨ててこいって!やばいんじゃないの(笑)」

義実家「一旦嫁に来たなら二度と帰ることは許されん、それがうちのしきたりやが。」どうしても実家に帰りたくなり義実家から必死に逃げ出した

ストーカー「俺と彼女は一つになるってことが運命で決まってるんだよ」ストーカーの母「ふざけんじゃねえよ。うちの子は精神病か?はあ?てめえが精神病だろうが!?」

義姉「私さん一家は従妹を差別する一族!」義姉が知的障害を伴う重度自閉症の子供を我が家や義妹宅の子供に面倒見てもらうとしつこく言って困ってる

ウトに襲われたので鍋で思いっきり何度も殴って飛び出してきた。絶縁できなきゃ離婚する。こんな人たちの近くに住んでられない!

義実家の窓を全部破壊して家中水洗いしてきた。それから、絶賛 キコエナーイ 愛犬にされたこと、まんま返してやんよ!

姑「温泉旅行に嫁は置いていけばいい」俺「そんなわけにはいかないだろう」姑「うるさい。お前は昔からおかしい子だった。置いていけ!」