314: 水先案名無い人 2006/08/30(水) 21:10:35 ID:WxPUd6aq0
恐怖の先生がいました
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1156354004/

180 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/08/30(水) 20:16:16 ID:jqWKXFDT0
>>168
小学生のときの担任にした復讐話

小学生のとき勉強もスポーツもクラスでドベだった俺の取り柄は将棋だけだった
休み時間のたびに友達と打っては「○○は強いなぁ」なんて言われてた
担任はなぜかそれが気に入らなかったらしく授業中も難しい問題ばかり俺にあてていじめられてた
それで我慢の限界に来た俺は「将棋なら負けないのに・・・」って思わず言ってしまった
そしたら「そんなに強いなら先生と打ってみるか?」とその担任は言ってきた
結果は俺のボロ負け(後で知った話だが担任はアマチュア6段だった)
そしたら「得意な将棋でも勝てないんだな。やっぱりクズはクズだ」って言われた
それにムカついた俺は毎日何時間も寝る間も惜しんで将棋の勉強をした
1ヶ月ごとくらいにその担任に勝負挑んで1年半ほどしてやっと勝つことが出来た
それで俺は「クズに負けるなんて先生クズ以下ですねw」って言ってやった
そんな俺も2年前にプロになれました
O田先生。クズはクズなりに今も元気にやっていますか
https://ex13.5ch.net/test/read.cgi/gline/1151220247/



774: 記事の途中ですが名無しです
韓国に留学経験ある女子だけど、日本がなんで嫌われてるか分かった

韓国「東日本大震災の時は日本に真っ先に駆けつけ無条件で1000億も寄付した。日本は恩を仇で返す最悪な国家」

夫「兄貴がかあさんを施設にいれた!大事な母にひどい…許せない!」夫がはっちゃけて暴走した

園行事や遊びのたびに私の車に乗りたがる免許なしママ。最初は「免許なしじゃ大変だ」と同情して送迎してあげたけど、だんだん依存してくるようになったので乗せるのを断ったら・・・

先輩ママ「自衛隊なんてセンソウも無いのになんで必要なの?毎日センソウごっこして、そんなのの為に税金が使われるなんて!」一同「えっ」


トメに耐えられない暴言を吐かれて大喧嘩。絶縁宣言されたので有難くお受けしたが、義兄嫁がものすごく絶縁に反対してきた!義兄嫁「あなた達が絶縁したら…」→義兄嫁の本音がコチラ

エネ夫に愛想が尽きて実家へ帰った→夫「婿になってもいいから離婚しないで!」母「婿なんだからお給料は全額うちに入れてね^^」→結果…

Bママ「貴方のご主人ってカナダ人でしょ?良かった~!家の子に英語習わせたいの!」私「主人は英語教師じゃないし、副業する訳にはいきませんから…」→するとBママが・・・!!

13歳と17歳の姪2人にお年玉をやろうとしたら、姪「今ゲームしてんだけど?」目も合わせず手を出してきて礼も言わないのでそのまま没収してやった。姪大泣きwしかし俺両親がなんと…

旦那「来月から母さんと同居することになりました!これは決定事項です!」→長い戦いが始まった…

市民「自衛隊は無くすべきだと思いますが、自衛隊員の○○さんはどう思いますか?」そこで自衛隊員の返事、俺はこの言葉をこれからもずっと忘れないと思う

日本さん、イキった結果、韓国にボロ負けしてしまうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


316: 水先案名無い人 2006/08/30(水) 21:43:53 ID:mPsK+KF+0
>>314
スカだが、若干胸糞
いい話なんだから結末はさわやかにしてほしかった

317: 水先案名無い人 2006/08/30(水) 21:45:37 ID:87D2RD7u0
>>314
アマチュア6段ごときで調子に乗ってるところが胸糞。

1000: 記事の途中ですが名無しです
コトメ「車貸して?」私「どうぞぉ」コトメ「この車なら壊れてもいいから安心して使えるw」私「・・・」

夫が私に暴力をふるった挙句「離婚する。親権は渡さない」と娘を連れて出て行った。夫の友達が夫に「私子は子供を虐待してる」って吹き込んだせいだ。虐待なんかしてない!

明日出発するのに、TDRのカウントダウンパスポートも新幹線のチケットも一式なくなってる!ママ友4人が遊びに来るまでは確かにあったのに…スレ「通報しなよ!」→結果

道でDQN2名にぶつかったら「骨が折れたわーww」「どうしてくれんだよーww」と言われた → 仕方がないので・・・ → 返して... 俺の傘とベルト...(´・ω・`)

俺が買ったフライドチキンを見て、彼女「この子達も元気に生きてたんだよね…」俺「え?」彼女「お願い、もう絶対に生き物を食べないと約束して」