118: 恋人は名無しさん 2013/10/28(月) 01:26:20.13 ID:1LlhuBA80

遠恋の彼女が突然LINEで連絡してきたんだけど

俺「どうしたの?」
彼女「怖い怖い」
俺「大丈夫か?」
彼女「もうだめだ」
俺「 とりあえず電話かけてもいい?」
彼女「もうシぬわ」

この時点で少しイラっとした

後で電話したけど、どうやらゲーセンでナンパされたらしく
パニックになったらしい。
そこに偶々友達が通りかかったので助けてもらったそうだ






そこまではまだ分かるんだけど、
その後の彼女の言動というか態度に凄くイラっとした

俺「携帯弄る暇があるなら逃げれば良かったじゃん」
彼女「うん」
俺「何故逃げなかったの?」
彼女「分からない」
俺「友達来なかったらどうするつもりだったの?」
彼女「分からない」
俺「自分のことなのに分からないの?」
彼女「ごめん」
俺「心配してるのに何も説明してくれないと困るんだけど」
彼女「ごめん」

この後泣きながらごめんと分からないの繰り返しでもうお手上げだった
何かある度にこのパターンに陥るから正直どうしたらいいか分からない...



なにそれ
病気じゃない?
120: 恋人は名無しさん 2013/10/28(月) 01:45:43.25 ID:1LlhuBA80

>>119
考えた上での「分からない」なのか考えるのが面倒だから
「分からない」と言っているのかが不明なんだよ

後者なら分かるけど前者なら正直病気じゃないかと思う

まあそれを聞いても多分「分からない」って言われるんだろうけどさ
なんか真面目に取り合うのが馬鹿らしくなってきそうだ
121: 恋人は名無しさん 2013/10/28(月) 01:49:52.51 ID:utu8pBno0

>>118
冷静に説教されたりしたりが慣れてなくて、
自分や他人の行動を客観視したことが少ない人間はそうなる気がする
辛抱強く諭していくか別れるかどちらか
122: 恋人は名無しさん 2013/10/28(月) 02:10:57.10 ID:A3j+OCax0

>>118
私の元もちょっと喧嘩とかになった時に、
言った事とかやった事とかをなんで?って聞くと
「よくわからない」「なんでだかわからない」って言う人だったけれど、
「わからない」って言えば許される、
お茶を濁せると思ってるふしがあるようだったら厄介な気がする。
123: 恋人は名無しさん 2013/10/28(月) 02:19:14.26 ID:1LlhuBA80

>>122
まさにそれなんだよ...
「謝ればそれで済むから」だってさ

今までそれで済んでたのは許されてたんじゃなくて、
匙を投げられてただけなんじゃないかと思ったけど
多分言っても分からないと思うから諦めてる


1000:記事の途中ですが名無しです
K国人の彼女「竹島はちゃんと調べてみたらK国のじゃないよね」俺「ほーん」→泣きながら出ていった

鳩山由紀夫「天皇を退位させ、私が天皇の代わりになる。これができるかどうかは皆さん次第だ」

夫の稼ぎを私が管理しているのが気に入らないトメが「自分の稼ぎは自分で管理すべき」と旦那に吹き込み始めた。今更旦那に家計管理されて小遣い制にされるなんてまっぴらなんですけど

先輩ママ「自衛隊なんてセンソウも無いのになんで必要なの?毎日センソウごっこして、そんなのの為に税金が使われるなんて!」一同「えっ」


トメに耐えられない暴言を吐かれて大喧嘩。絶縁宣言されたので有難くお受けしたが、義兄嫁がものすごく絶縁に反対してきた!義兄嫁「あなた達が絶縁したら…」→義兄嫁の本音がコチラ

エネ夫に愛想が尽きて実家へ帰った→夫「婿になってもいいから離婚しないで!」母「婿なんだからお給料は全額うちに入れてね^^」→結果…

Bママ「貴方のご主人ってカナダ人でしょ?良かった~!家の子に英語習わせたいの!」私「主人は英語教師じゃないし、副業する訳にはいきませんから…」→するとBママが・・・!!

旦那「来月から母さんと同居することになりました!これは決定事項です!」→長い戦いが始まった…

市民「自衛隊は無くすべきだと思いますが、自衛隊員の○○さんはどう思いますか?」そこで自衛隊員の返事、
俺はこの言葉をこれからもずっと忘れないと思う


お前ら韓国叩いてるけど3.11の時に助けに来てくれたこと忘れたのか?


なんで?なんで?病の我が息子。そのしつこさが義実家で爆発した。

旦那とトメが油断したとたんトメ末弟異常な行動に出たので旦那親族が誰も言えなかった事、言っちゃいました。

自称20代後半のおっさん「僕は歴史上有名な人物の家系でさあ、結婚とは言わないから子作りだけして欲しい。僕の姫になってくれるのは誰?」

トメから「降ろせ降ろせ」と毎日縄跳び強要され、流れてしまい怒りが沸点に達した私は…

「アナタは優しいしイケメンだから、ホストとかしてみたらいいのに…」この言葉は一種の賭けだった。 しかし数ヶ月後、私は賭けに勝ったことを知る。