436: 名無しさん@HOME 2012/08/17(金) 16:18:12
雑談続けて申し訳ないけど、たしかに年頃になってからの親の対応って難しいね 
いま10ヵ月の娘が大きくなったらどうやって性教育したらいいんだろう 

妄想シミュレーションでいまの心のなかが修羅場w 

と、この流れで思い出したJK時代のプチ 



いまの旦那と付き合い始めて半年くらいの頃。 
彼は年上で私を大事にしてくれていた。
その時点でまだ致してはいなくて、その日は私の家に遊びにきていっしょにDVDを見ていた。
彼は細い人でメンズだと大きいからと、レディースのTシャツを着ることが多い人で
その日着ていた服も(私好みのw)レディースTシャツだった。

服の交換も多かったし、何の気なしに「ちょっとそれ着せてよw」と提案。
別々の部屋で服を脱いで、ドアを少し開けた隙間から手渡して交換タイム
…の真っ最中に親帰宅w
平日の日中に?!え、なんで???と思いつつ、あわてて服を着ようとするも着れずw

リビングから彼が挨拶する声が聞こえた次の瞬間、部屋のドアが開いた。
親が見たのは上半身ブラ姿で服を前に抱えている娘の姿(私)w
みるみる般若顔になる親を見て、やましいことなどないはずなのに〇〇〇〇る私orz
ますます怒り顔になる親w

「家をホテルにするな!!!」と怒鳴られたのも心情的には修羅場だったが
申し開きをすればするほど、信頼が損なわれていくのが手に取るようにわかったのが何よりの修羅場だったw

でもいちばん修羅場だったのは親だったんだろうな…いまなら気持ちがわかるw
 


兄「お前らもうその家を出ろ。完全に頭がおかしくなる前に逃げろ!」

やっと2人目の新人さんが入って、やっと辞められる♪ と喜んでいたら、上司が他の人の代わりにするつもりらしい事が分かった

コトメが医者と結婚。しかし、『最後のラブラブ旅行』と称し、元彼と旅行に…その記念写真を、義実家に郵送したんだがw

嫁「妊娠中は不安になるからどこにも行かないで」 俺「わかった」 嫁「ママ友と焼き肉あるから行ってくる!」 俺「は?」

結婚式一週間前、新居へ。私「あれ…だれか住んでる雰囲気が…」→破談

A「あんたみたいな汚い孤児がいると教室の空気が汚れる。さっさとくたばりくさった親の跡を追え」→人に吐いた暴言が自分に返ってくる実例を目撃した

彼女「その200万円も結婚資金に回して」俺「ウサギを飼うお金だからダメ」彼女「私はウサギ以下なの!?」

義弟嫁「そんなもんに大金使うとかwww」→義弟嫁「助けて!」 私達夫婦「助けるわけねーだろ」

教師「髪を染めてるだろ!」 自分「これは水泳で」 教師「黙れ!」→祖父、学校に乗り込み…
437: 名無しさん@HOME 2012/08/17(金) 16:27:31
> 「家をホテルにするな!!!」

ある程度理解のあるお母さんのようで何よりwww

438: 名無しさん@HOME 2012/08/17(金) 16:30:38
女物のシャツ着れるって、旦那身長と体重どれくらいなんだw

439: 名無しさん@HOME 2012/08/17(金) 16:35:52
190cm100?の女もいるじゃん

440: 名無しさん@HOME 2012/08/17(金) 16:36:11
160そこそこの女顔でひょろい昔の彼氏は余裕で着れてたし(でも嫌がってた)
173センチで55キロくらいの現旦那は好んで女物着てたよ。
今はお腹出て、無理だが・・・。

別に痩せてて肩が入れば着れるでしょ。
たまにぽっちゃり男がピチピチに着てて、それはキモイけど。


454: 名無しさん@HOME 2012/08/17(金) 17:05:32
>>437
もう18になってたのもあるかもしれませんw
でもすごい迫力で怖かったですよw

>>438-440
旦那は183cmの67kgくらいです。いまもそれくらいで相変わらずレディース着てます。
対する私は153cmの43kg(当時w)くらいでした。

たまに肩幅や袖の長さが足りないものは私がもらって着てますw

1000: 記事の途中ですが名無しです
結婚した途端、トメの態度が変わってびっくりした。旦那・ウト・コトメに〆られても悪いのは嫁子!と怒鳴り散らすトメ。

月曜に来るのはお前さんと新人3人だけだ。とりあえず俺ら13人は本日付で辞めました。納期は2週間後だからしっかり頑張ってくれよ。

結婚式の時作ってもらったアルバムをみたら私の顔が塗りつぶされたり、切り取られてたりした。

上司「この職場で残業代くれなんて言っている金の亡者はお前だけだ!そんなに 残業代欲しいならさっさと辞表出せ!最期の給料と一緒に払ってやる!」

DV元旦那「今、入院してるんだ。医者ははっきり言わないけど、治らないらしい。 」なんと元旦那が不痔の病だった!