494: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/14 16:06:11
友人Aとその彼女。 
その友人が結婚することになり、結納も済ませ結婚式の日取りも決まったある日。 
友人から彼女が亡くなったと連絡が来た。 
俺にはなにを言っているのか、理解できずしばらく放心。 

他の友人達とも連絡をとり、葬儀に参列したんだけども 
Aはずっと号泣しっぱなし、立つこともできず側にいる人に支えられてた 
彼女が出棺され、いよいよ最後の別れってときになり 
「最後に顔を見てやってください」と彼女の親が言い棺があけられた。 
そのとき、Aが「全部開けてくれ」とでかい紙袋もって彼女の側に来た。 
紙袋から出てきたのはウェディングドレス。 
Aは彼女にウエディングドレスを着せてあげました。 
もちろん本当に着せることはできないので乗せただけでしたが 
二人でつけるはずだった指輪を自分と彼女の指につけ 
ドレスの上に一枚の紙。半分だけかかれた婚姻届。 
Aは参列者全員に向かって 
「結婚式はできなかったけど、今ここにいる人たちが 
僕たちの結婚を証明してくれる。俺の妻はこいつしかいません」 
と言って泣き崩れました。 
その場にいた参列者もドレスを着た彼女を見て号泣してた。俺も。

1000: 記事の途中ですが名無しです
友達「放射能がついてるかもしれないはがきを 子供が触ったら大変でしょう!軽はずみに送って来ないで!」

私「お嬢さんが着ている服、私の娘のではないですか?」 母「失礼ね!どこに証拠があるの?名前でも書いてあるの?どうなのよ!」

【クソすぎる...】幼稚園の卒園式の後、母「もう『お母さん』やらないから『お母さん』って呼ばないでね」私「えっ」

A子が「熊を見に行こう」と言い出した。嫌だと抵抗したが引きずっていかれた。そして花を熊に差し出したA子が突然檻に体当たりした

浮気した翌朝、夫が近所の公園のブランコで首を吊っているのが見つかった

乞食「私はクレーンゲームが下手だ、だから取ってくれる人を待っていた あなたは上手だしいらないだろうから貰ってやる」

バカ男「二人で食べた分÷2が普通だろ!個別払いなんて感情的だし、店に迷惑だ!」

友達「放射能がついてるかもしれないはがきを 子供が触ったら大変でしょう!軽はずみに送って来ないで!」

コトメが亡くなったそばから母のクロゼットやら何やら開けだし、「あ、これは私が貰ってあげる」「こんなの、オクでも売れないよね~」と漁りだし…

チャイムが鳴り私が出るまで20回は押す凄い剣幕でママ友が凸。挨拶代わりに発せられた一言は「今すぐに金を500万貸せ」私の「返してくれるんですか?」が逆鱗に触れ…


K国に留学経験ある女子だけど、日本がなんで嫌われてるか分かった

エレベーターに100㌔はゆうにオーバーしているおばさんがほぼタックルするように乗り込んできた。そしてブザーが鳴りだすと…

【追い出し】義母「義兄夫婦はうちを出て夫婦で住みなさい」義兄嫁「そんな、今まで助け合ってきたじゃないですか酷い」 義母「こっちが一方的に助けてるだけでしょ」

報告者『異常なほどK国叩きブームだけど、不自然だろ』2ch「国旗燃やされたり天皇侮辱されて怒らないわけないだろ」

【サタン級】タバコを煮出した『偽麦茶』を妊婦の私に飲ませた義母。眩暈と吐き気でのた打ち回った末、機を失った。私の赤ちゃんは…

中途採用で入ってきたAが、入社初日に「バイトおらっ、とっとと働けよ!グズ!のろま!」バイト一同「ポカン...」→ その後…

トメ「緊急用件!すぐに来い!!」→行ってみたら、忘年会に出るからコウトらにメシを作れと。言いたい事言って帰ろうとしたら、コウトらが必タヒに私を食い止める。いったいなんで?

【仰天】専業主夫の夫が独身と偽って他の女と子供作りやがった。夫「子供の手が掛からなくなって寂しくなった」じゃねえだろ!まだ小1の子にカギ持たせてどこ行ってたんだよ!←?!

【修羅場】両親が離婚前提で別居し、母姉私子の3人で生活するはずが…気付いたら一人で生活してたwww

東京で一人暮らししてる娘がいる。義父母が「義姉の子と同居して。家賃も半分で済むから」と言ってきた

弟「無駄遣いやめろ!」 私「うっざ。仕送りやめたろ」 →

495: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/02/14 16:06:50
お骨を拾うとき、一緒に見慣れない物が混じってました
丸いボールのような金属物。
彼女は生まれつき骨に障害があったらしくその金属物は彼女の関節だったと。
なんども手術受けていたということでした。
何度もAとその彼女には会っていましたが、まったくわからず
病気であることすら俺は知らなかった。
Aは手で彼女の遺骨を壺に入れていたのですが、ハッとした顔でどこかにいきました。
しばらくして戻ってきたのですが、Aの指には自分の指輪と
真っ黒に焼けた彼女の指輪がつけられてた。
彼女を偲んで、みんな集まった席で彼女の親が
「あの子、自分はいつ死ぬかわからないから結婚は絶対にしないって言ってたのに
A君と会ってから、それでもいいって言ってくれたAくんに本当に感謝してた」
「私も結婚して幸せになれるってはしゃいでたのに、安心しちゃったのかねぇ・・・」
Aは泣いてましたが
「約束したんです。彼女としか結婚しないって。大丈夫です。必ず幸せにしますから。」
って彼女の両親の前で言ってた。

そのA今も独身のままで、彼の部屋には彼女の写真と指輪が二つずっとおいてある。

俺には絶対に忘れることのできない記憶。

1000: 記事の最後ですが名無しです
私「お母さん?」母「だあれえ?おいでえおいでえ」?と思っている間にも母はずっと二階からおいでおいでと言い続け…

育児に疲弊していて主人が義母を呼んだ。少しだけ寝ようと思ったら、夕方まで爆睡してしまった。慌ててリビングへ行くと…

姑「あなたは息子にはふさわしくないわ。相応の人(障害者)を紹介してあげるから別れなさい、いいわね?」

A子が「熊を見に行こう」と言い出した。嫌だと抵抗したが引きずっていかれた。そして花を熊に差し出したA子が突然檻に体当たりした

浮気した翌朝、夫が近所の公園のブランコで首を吊っているのが見つかった