ほんのりと怖い話

    f9546e473f5ca2b2e76fb22fe501bdbf_s

    269: 本当にあった怖い名無し 2006/11/20(月) 00:10:02 ID:xs+evR6x0
    おばちゃんネタで一つ

    子供のころ両親が共働きで、うちに幼い俺を世話してくれてた佐々間のおばちゃん
    と言う人が居た。おばちゃんはちょっと頭が良くなかったせいか仕事は持たず
    自分ちの畑とうちのお手伝いで食ってるようだった。
    おばちゃんの仕事は学校から帰ってきた俺にご飯を作ることと、家の掃除洗濯
    あと体が弱く入退院を繰り返してた婆ちゃんの介護だった。

    ある日俺が学校から帰ってくると珍しくおばちゃんは居なかった。
    変わりにいつも寝たきりの婆ちゃんが起きていて、居間でお茶を飲んでいた。
    おばちゃんが家に居るのが普通だったので、お婆ちゃんに今日はおばちゃんは?
    と聞くと今日はまだ来ていないよと言って、俺を二階に閉じ込めるように押し込んだ。
    今日は誰が来ても降りてきちゃいけないよと言ってお菓子とぽんジュースを渡された。
    誰が来てもって誰が来ても?と聞くとお婆ちゃんは少し困ったような顔でそうだよと
    言い、シーっねと口に指を当てながらふすまをしめた。
    俺は大人しく炬燵に入りテレビを見てると6時近くになって薄暗くなってからおばちゃん
    の声が聞こえた。
    二階と言っても狭い家、誰が来てもって玄関に誰が来たかくらい聞き耳立てなくても
    分かる。
    「洋介君はまだ帰ってきておらんかねえ」とおばちゃんが言うので出て行こうかとも
    思ったが、婆ちゃんの誰が来ても降りてくるなと言う言葉を思い出しそのまま炬燵で
    ごろ寝を続けた。おばちゃんと婆ちゃんのやり取りに暫く聞き耳を立てながら
    TVを見続けた。
    https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1162909657/

    【祖母「今日は誰が来ても降りてきちゃいけないよ」俺「誰が来ても?」佐々間のおばちゃん「洋介君はまだ帰ってきておらんかねえ」】の続きを読む

    59 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/04/16(月) 21:56
    60歳前後のおじさんが狩の会の仲間と猟銃を持って山に行きました。
    楽しく狩をしていたら後方から熊が襲いかかってきました。
    とりあえず渾身の力を振り絞って熊と格闘。
    掴み合い、揉み合い、引っ掻き合いの末
    おじさんと熊は崖に転がり落ちました。
    【60歳前後のおじさんが狩の会の仲間と猟銃を持って山に行きました。 楽しく狩をしていたら後方から熊が襲いかかってきました。格闘の末おじさんと熊は崖に転がり落ちました。】の続きを読む

    5 名前: :2001/04/15(日) 10:15
    もうひとつ。つい最近、友人の身に起こった出来事。
    京都に住んでいるその友人、二年前に自転車を盗まれたらしいのね。
    盗まれたのは京都駅の烏丸口近くのビルの前。まぁ、自転車を盗ま
    れること自体よくあることなんて、ぶつぶついいながらも新しい自
    転車を買ったそうだ。

     そして、つい先週の話。
     友人が、マンションの自転車置き場に自転車を置こうとしたら、
    いつも自分が自転車を置いている場所に、見慣れない自転車がお
    いてある。新しい住人が越してきたのかと近づいてみてぎょっと
    した。
     カゴのへこみ具合、スポークの錆び具合、どうみても二年前に
    盗まれた自分の自転車とそっくり。
     でもまぁ、同じ形の自転車なんて山ほどあるわけだし、と気を
    とりなおそうとしたとき、その自転車のカゴに突っ込まれた白い
    物体に気づいた。
     よーくみると、それは雨と日焼けで真っ白に変色した、二年前
    の日付のヤングマガジン。友人はたしかに、自転車を盗まれたと
    き、その雑誌をカゴの中に入れたままにしていたそうだ。
     ちなみに、駅から友人のマンションまでは十キロほど離れてい
    ます。
    http://curry.2ch.net/occult/kako/987/987296535.html
    【友人が二年前に自転車を盗まれたらしいのね。まぁ、自転車を盗ま れること自体よくあることなんで、ぶつぶついいながらも新しい自転車を買ったそうだ。】の続きを読む

    このページのトップヘ